うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

深みと品格のある黒釉片口鉢

開催中の「真っ黒でない黒い器展」から、
深みと品格のある黒釉からは時代さえ感じ取れる、
光藤佐さんの黒釉片口鉢をご紹介してみます。

15_black_0589.jpg
光藤佐 黒釉片口鉢中 6,480円
W18cmDc14.5mH6.3cm


艶があるのにとろんとした釉の面からは、
マットな質感を感じたり、
厚みや奥行きを感じ取れる釉調です。

15_black_0590.jpg
懐の広い見込みは盛りつけの納まりが良く盛り映えします。

緩やかに歪めたロクロ挽きの本体と、
付けたというより生えているような口で、
動きのある姿なのに、
自然と重厚さな存在感を醸し出しています。

15_black_0591.jpg
土見せの高台削りは茶碗の高台のような気迫があります。

片口は口が付くことでアシンメトリーで、
やもすると崩れた形で品をなくすこともあったり、
機能優先の道具ゆえの面白みに欠けたりしがちですが、
この片口鉢からは光藤さんの作り手としての力量を感じ取れます。

また注ぐ目的の片口ではなく、
盛りつける片口鉢としてしつらえられただけあり、
料理が映えて、華やぐ力のある片口鉢です。
 
                 甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3355-8e7be909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad