うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

黒茶の土肌がお茶で馴染み潤ってくる楽しみ

開催中の「真っ黒でない黒い器展」から、
美しい姿とお茶が美味しく入ると評判の、
加藤財さんの急須をご紹介してみます。

15_black_0556.jpg
加藤財茶 急須 後手 10,500円
240cc 単品


焼き締めといわれる方法で、
釉薬をほどこさずにしっかりと焼ききった、
加藤さんの急須は繊細で美しいフォルムと、
水切れが良く、スムーズに心地よく注げる急須です。

15_black_0552.jpg
ブ加藤財 茶 急須 横手 10,500円
160cc 単品


そして何よりお茶が美味しく入ると、
ファンの皆様が仰います。
かく言うぼくもファンで実感しています。
そして長く使わしていただくと、
はじめの焼き締めの乾いた質感の土肌が、
しっとりとしてくる感じを楽しめます。

15_black_0561.jpg
加藤財 茶 急須 後手 10,500円
180cc 単品


お茶のタンニンが染みこんだり、
すすいだり洗ったりすることで、
土肌も滑らかになっていってるのでしょう。

フタが大きかったり、ステンレスの茶こしだったりする、
能率的な使い方は出来ません。
可愛い姿の小さめの口は、
茶葉を入れるときやすすぐ時に優しさが必要です。
でもこの美しい姿はお茶のいただくときの、
目からのご馳走なんです。

加藤さんの急須でお茶を入れる楽しみは、
能率的ではないからこそ得られる時間であり、
お茶を楽しむ時間やゆとりを膨らませてくれます。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3356-84ea0ede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad