うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

注ぐだけではもったいない片口

武井順一木との会話が聞こえる器展から、
人気定番の片口をご紹介します。

15_takei_0812.jpg

山桜の柔らかな木目と木の肌合いが、
全体に丸みのあるフォルムでより活かされていて、
手にした時に木の温もりが掌から伝わってきます。

15_takei_0809.jpg
片口 16,200円 山桜 拭き漆
径12.5cmH6cm 満水容積400cc 程よく入れて200cc


塊から彫られた口と本体は一体で、
可愛い形の見かけよりその性能が素晴らしく、
実に心地よく注げ、思うところでピタッと切れで、
もちろん尻漏りなどしません。
酒呑みの武井さんらしい素晴らしい納まりです。

15_takei_0810.jpg
美しい丸みのフォルムです。手彫りの刃後の感触も心地よい掌です。

この片口と仕手の性能の高さで人気ですが、
もう一点、器として実に使い勝手が良いのです。
器好きには片口鉢が好きな方が多いのですが、
是非お薦めです。

15_takei_0811.jpg

安定が良く料理を選ばず盛り映えして、
気軽に使ってささっと洗って、
そうそうなことでは壊れない。
メンテナンスも承るのでバンバン使ってもらえます。

初めての武井さんの器、木の器と言う方に、
ぜひお薦めする使って欲しい片口です。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3368-27fb6082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad