うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

盛りつけた料理がどれも美味しそうになる片口鉢

開催中の鶴見宗次美しい手あと展から、
今日は鶴見さんらしい黒の片口鉢をご紹介します。

15_haeru_0937.jpg
七寸片口 8,640円 平均のW22cm21DcmH8cm

鶴見さんの器を使ってくださっているファンには、
当たり前になっていますが、
ともかく盛りつけた料理が美味しそうに映えます。

15_haeru_0936.jpg

手ひねりで作られたゆったり歪んだ姿や、
ざっくりした焼き締めの土肌は、
白いプレーンな器に馴染んでいると、
抵抗感持つ方や食わず嫌いの方も、
いらっしゃると思います。

15_haeru_0935.jpg

焼き締めの器を使うのは他国にはない和食の伝統です。
鶴見さんの焼き締めはモダンにアレンジされて、
多国籍な今の食卓にぴったりです。
ぜひ一度使って欲しいと思い器です。

盛りつける前にさっとでよいので、
水や湯にくぐらせて軽く拭く程度で、
土肌が潤っている状態で盛りつけていただくと、
盛りつけた料理がぱっと華やぎ、
味わいが深まり後押しをしてくれる器です。

プロや料理好きの方のファンに裏付けされているのは、
盛り映えを含めて器としての使い勝手の良さからです。
ぜひ使ってほしい器です。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3379-a50f9f3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad