うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

手びねりだからこその温もりのある姿

開催中の鶴見宗次美しい手あと展から、
手びねりならでは姿の丸湯呑白をご紹介します。

15_haeru_0987.jpg
丸湯呑み白 2,700円 平均の径9.5cmH7.5cm
平均の容積8分目で250ccほど


少し大きめの湯呑みなので、
両手の中に納めてみると、
コロンとした丸い腰から高台が、
掌の中にしっくりときて、
温もりある感触が伝わってきます。

15_haeru_0988.jpg

深い見込みと無駄のない作りなので、
たっぷり入る湯呑みです。
食後の番茶やほうじ茶にぴったりです。

15_haeru_0989.jpg

たっぷり入って口も広めで、
手に持ちやすいので料理を盛っても良いし、
スープやデザートなんかにも使って見たいです。

手のあとは彫刻的な存在感をもち、
一つずつの個性を見せていて、
見込みの灰だまりの綺麗な緑釉も、
美しいアクセントになって、
楽しませてくれます。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3380-528053a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad