うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

千早ぶる・・・竜田川・・をビジュアル化した向付

中條正康 心あたたまる器 展を開催中です。
今日は秋が深まる景色を切り取った、
竜田川小向付をご紹介します。

15_cyujo_0131.jpg
竜田川小向付 10,800円 径11.5cmH7.5cm

ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くゝるとは
百人一首にある在原 業平の代表的な和歌ですが、
最近はアニメがヒットして映画にもなると聞いています。
この歌に読まれる「流水に紅葉」をビジュアル化した絵柄が、
「竜田川」と言われ、絵画や工芸にも伝統柄としてよく登場します。

15_cyujo_0130.jpg

尾形乾山も向付に竜田川を描いています。
これを本歌として今の器として、
使い勝手の良いサイズに縮めて、
整えたものがご紹介している小向付です。

15_cyujo_0132.jpg

小振りになっても、
凛とした姿にには気品が漂っています。
心を込めたお料理や晴れのご馳走を、
一段と引き立ててくれる器です。

よく見ていただくと同じ絵柄はなく、
五つ組を並べるとそこに、
竜田川の流れの絵草子が立体的に展開し、
心豊かな広がりを見せます。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3410-0e2e5876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad