うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

小さくても食卓をぱっと華やかにします

中條正康 心あたたまる器 展を開催中です。
今日は小さくても食卓をぱっと華やかにする、
中條さんならではの赤絵小皿を2つご紹介します。

どちらも磁器なので、
手塩皿としてお醤油やタレや塩などいれても、
しみこみが無く後始末も楽で、
丈夫な点でも気軽に日常使いできます。

15_cyujo_0057.jpg
色絵牡丹文磁器皿 2,160円 径8.8cmH2.5cm

一つ目は独楽文のように大小太細の赤絵の円を重ねた中に、
緑釉と金彩で牡丹文が描かれています。
三寸足らずの皿なのに豪華に煌めいています。

15_cyujo_0059.jpg

少し腰高になった丸さが可愛い姿は、
見込みの深い器仕立てになり、
小付けのように料理を盛りつけることも、
楽しめる小皿です。

15_cyujo_0060.jpg
双魚文磁器小皿 2,160円
径8.5cmH2.5cm


もう一点はシンプルで省かれた構図で、
赤絵金彩で小さな2匹の魚が描かれた、
小さくても品格を感じる凛とした小皿です。

15_cyujo_0062.jpg

ロクロではなく型おこし成形らしい、
柔らかなフォルム、口作りで、
側面の総赤絵と見込みの素地の白い空間に、
納まる双魚文が活きていて、
三寸弱に思えない大存在感を持っています。

どちらの小皿も中條さんの世界が、
凝縮している仕上がりで、
一点あるだけで食卓が明るくなる小皿です。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3411-99659712
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad