うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

品格ある華やかさ

中條正康 心あたたまる器 展を開催中です。
今日は中條さんらしい金彩を活かした、
2つの絵替わり金彩皿をご紹介します。

15_cyujo_0178.jpg

色紙の継紙や絵画の霞などにある構図で、
皿のなかに金彩ベタの部分と、
土味が見える素地に振り分けてあります。

15_cyujo_0180.jpg
絵替金彩7寸皿 7,020円 径20cmH2.5cm

構図も絵柄も一枚ずつ違った絵替わりで、
四季の絵柄を渋い鉄下絵で大胆に描き、
華やかな金彩部分と活かし合っている構図は、
琳派の絵画を見るようです。

15_cyujo_0181.jpg
絵替金彩4.5寸皿 4,860円 径14.5cmH2cm

派手というよりも華やか、
豪華でいて品格がある様子から、
晴れの場で使いたくなるのは自然です。

幸い和のおもてなしには季節ごとの晴れの場が、
クリスマスやお正月、節分、
ひな祭り、端午の節句、七夕、
お月見やハロウィンなどに加えて、
家族のお誕生日もあります。
年間通して出番が多い器になりそうです。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3413-bc0aed59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad