うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

寿ぎの器展がはじまりました

荻窪は暖かなお正月でした。
皆様はどのように過ごされましたか。
暖かだと過ごしやすいのですが、
冬は冬で寒い方が本当はよいのでしょう。
今日は少し冬らしい朝の冷え込みになりました。

さて荻窪「銀花」の2016年初めの催し「寿ぎの器」が、
今日からはじまりました。

16_kotohogi_0819.jpg
小野寺友子
白磁角皿中 4,320円 □17cmH3.5cm
白磁角皿小 2,160円 □11.5cmH3.5cm


そんな中から今日は晴れの場だからこそ使いたくなる、
使うのが楽しい小野寺友子さんの白磁角皿をご紹介します。

16_kotohogi_0820.jpg

量産の器には角皿や角鉢など見かけますが、
手仕事で作られた角皿や角鉢は多くありません。
それはどうしても歪みが出やすいためです。

16_kotohogi_0821.jpg

この小野寺さんの角皿は、
深さがあるので特に歪みが出やすいデザインですが、
その歪みを計算して器のフォルムをデザインしているので、
手仕事の器ならではの温かみがある仕上がりです。

16_kotohogi_0822.jpg

ロクロで作られる円形の皿や鉢にはない表情をもち、
小野寺さんらしいモダンなデザインが、
和洋エスニックとどんなお料理も受け止め料理映えします。

四角い器ならではの凛とした気品と存在感が、
晴れの場を演出する言祝ぐ器として使いたくなります。

                  甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3437-8e5f555a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad