うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

四季を通して使えるデザートカップ

開催中の「寿ぎのうつわ展」から、
四季を通して使える巳亦敬一さんの新スキデザートカップを、
ご紹介してみます。

16_kotohogi_0860.jpg
巳亦敬一 新スキデザートカップ 丸平 3,348円
径13.3cmH6.5cm


巧みな技で入れられた綺麗なモールと、
巳亦さんならではのスキの素地が、
光の集めて黄金色に煌めいて、
品格を持ちながらも華やさを見せます。

16_kotohogi_0861.jpg

洋の器でデザートカップが、
一品を盛りつける小向付としても程よく、
台のある高坏型がしつらえも演出しで、
晴れの場で大活躍します。

16_kotohogi_0862.jpg

透ける素材のガラスは、
涼しげな表情から夏の器としての、
もてなしの器でしたが、
四季を通して室内環境が整った部屋で過ごす現代では、
乾燥した冬に冷たい料理の出番も多くなり、
氷りや冷たさのイメージに季節感をあてて、
逆説的に冬の器をして使われるほどです。

吹きガラスに口作りは丸みがあり口あたりがよく、
丈夫なソーダガラスで作られていて、
適度な厚みもあることから、
気軽に日常使いでも長く愛用していただけます。

使い勝手の良さから、
四季を通して手放せなくなる、
デザートカップになるはずです。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3439-e348ab70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad