うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

長さ60cmの存在感と華のある長皿

開催中の「寿ぎのうつわ展」から、
今日は野波実さんの2尺という長尺の、
白磁長角皿をご紹介してみます。

16_kotohogi_0940.jpg
野波実 白磁長角皿 30,240円
W60cmD16.5cmH4cm
*あまりに長いので縦位置画像でご覧いただきます


ヤキモノで尺(30cm)を超えるものは、
制作する難易度が上がっていきます。
大昔には尺を超えると寸ごとに価格が倍になったと、
聞いたこともあります。

時代とともに新しい素材や技術が生まれて、
窯や窯道具が進化しましたが、
それでも2尺(60cm)の長皿を仕上げるのには、
作り手に確かな技術とエネルギーが必要です。

野波さんの器は磁器でありながら、
柔らかくさりげない温かみがあり、
表情に力みがないのですが同時に気品もあります。
甘庵は、作り手野波さんの心持ちのゆとりから、
生まれてきていると思っています。

この長さの存在感を活かして盛りつけを楽しめば、
寿ぎの席を盛り立てる、
華やかな晴れの一皿になることでしょう。

                 甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3445-1d0d0410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad