うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

古代ガラスの触発されてヤキモノで作った瓶

開催中の光藤佐さんの個展から、
一瞬古いガラスかと思わせる、
深みのある青い瓶を3点ご紹介します。

16_mitufuji_0200.jpg

光藤さんはものつくりとして、
先人たちの仕事からイメージを広げたり、
触発され影響されて作陶するようです。

16_mitufuji_0202.jpg
瑠璃釉瓶 43,200円 径10cmH22cm

その多くはヤキモノで粉引や刷毛目や唐津などを、
好んで手がけているところからも見て取れます。

16_mitufuji_0201.jpg
瑠璃釉瓶 フタ付 21,600円 □6cmH11.2cm

ご紹介しているマットで深みのある瑠璃釉の瓶は、
見るからに骨董品のガラスのような気配を醸しだしていますが、
イメージの元は現代のガラスのような透明感が少ない古代ガラスのようです。

16_mitufuji_0203.jpg
瑠璃釉瓶  21,600円 □6cmH18cm

その不透明感に惹かれたのしょう。
たしかにヤキモノでありながら、
透かすとわずかに光がすけるような、
そんな魅力的な質感をもつ釉調に仕上がっています。

16_mitufuji_0841.jpg

この発想点から作りでしてしますところに、
光藤さんのヤキモノ作りの魅力的な姿勢が、
垣間見られた気がします。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3459-02c5d228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad