うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

赤茶色が新鮮

開催中の「久保田信一 普段使いの 器 展」から、
今日は赤茶の発色が新鮮な鉄釉の縞柄小皿を、
2サイズご紹介してみます。

16_kubota_0570.jpg
左:縞柄小皿 2,160円 径13cmH2.5cm
縞柄小皿 2,484円 径15cmH2.5cm


久保田さんの釉薬や文様などは、
鉄を基本にしていて、
鉄分の濃淡や釉薬の個性で、
黒、茶黒、赤茶、茶色、緑、黄色などを、
発色させています。

16_kubota_0571.jpg

それは使っていても安定していて、
汚れなどを気にせずに使える点や、
全体に控えめ渋めのトーンが、
幅広い料理を抱えて盛り映えさせるからです。

16_kubota_0573.jpg

ご紹介している小皿も、
リム部分の縞柄も見込み部分も鉄釉で、
土と焼きで綺麗な赤茶を発色させています。

16_kubota_0574.jpg

茶道具の茶入れや民芸の壺など、
長きにわたって使われてきている手法ですが、
今の食卓で多彩に使える新鮮な赤茶色に仕上がっています。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3477-71f9092a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad