うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

モノトーン柄ですが華がある飯碗

開催中の「自分の器 マイカップ展」から、
久保田信一さんの大胆なモノトーン柄の、
長石釉鉄流描飯碗をご紹介します。

16_mycup_0200.jpg
久保田信一 長石釉鉄流描 碗 2,700円
径12.5cmH6cm


素地の白と鉄発色の黒の柄が、
個性が強く感じられるかもしれませんが、
これがご飯を盛りつけて使って見ると、
ちょうど良い感じになります。

16_mycup_0199.jpg

モノトーンですから華がないと思われがちですが、
それも盛りつけてみると良い塩梅に、
華やいでくれます。

16_mycup_0201.jpg

口端も玉縁で丸みがあり、
陶器の軽さを生かして、
たっぷり目の長石釉が施されているので、
毎日のように使う飯碗として、
丈夫で扱いが楽です。

しっかり焼けているので、
急な汚れにはなりませんが、
がんがん使い込んでいただければ、
陶器ならではでじっくりと侘びていくことも楽しめるので、
自服の碗にされる方もいらっしゃいます。
手に持って食べること飲むことが心地よい器なので、
食べて飲んでと、まさに自分の器、
マイ碗になります。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3496-c96c2212
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad