うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

伝統の形を今に活かした「なます皿」

開催中の「美味しい器 春 展」から、
今日は小野寺友子さんの白磁なます皿を、
ご紹介します。

16_oishii_0534.jpg
小野寺友子 白磁なます皿 4,104円
径18cmH6cm


現代の食卓でも使い勝手の良さから、
人気の古伊万里の中で蕎麦猪口は、
使い回しがきくことでも広く認知され、
多くの作り手がリスペクトしている形です。

16_oishii_0534.jpg

『なます皿」も古伊万里の器のなかで、
現代の日常器として使い勝手が良く、
輝くフォルムを持っています。

16_oishii_0539.jpg

小野寺さんはモダンに仕立て直し、
ご紹介の白磁や粉引や黒釉で作っています。
とくに爽やかで食材を選ばない白磁は、
四季を問わず使いやすいのですが、
なかでも春から初夏が一番主役になってくれます。

底面が平らで角がない立ち上がる縁端は、
皿から浅鉢までの盛りつけ方が出来て、
汁がある食材から汁そのものまで対応できます。
また高めの高台がしつらえにリズムを生み出して、
食卓を豊かに彩ってくれます。
春の食材を生かせる器としてお薦めします。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3514-c55bf60f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad