うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

形に愛嬌がある片口鉢

開催中の「美味しい器 春 展」から、
楕円に歪められた形で愛嬌のある姿の、
小野寺友子さんの片口鉢をご紹介します。

16_oishii_0559.jpg
小野寺友子 粉引片口鉢 5,400円
W22cmD16cmH9cm


ロクロ挽きの後の柔らかなうちに、
折り返しのある口縁を楕円に整え、
動物的な口が施されています。

16_oishii_0560.jpg

粉引も化粧土に浸けるのではなく、
刷毛で施すことて刷毛ムラを残しています。
粉引の景色の火間ですがどこかモダンです。

16_oishii_0561.jpg

素地は石を噛んだせっ器質に近く調合されて、
刷毛目粉引化粧や高台削りに、
ざっくりした質感を見せています。

16_oishii_0562.jpg

この総合的なセンスが愛嬌のある片口鉢に仕立て、
使ってみると料理が盛り映えして、
その形から食卓のしつらえにリズムが生まれます。

鉢としての愛嬌のある形を優先しているので、
口の吃水線が低く容積は入りませんが、
片口として使ってみると、
思いの他に注ぎやすいのはオマケです。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3520-3e3eb74f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad