うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

木の匙は使い出すと はまります

棚卸し決算市からお薦めのお買い得品をご紹介いたします。
今日のお薦め品は、伊藤玲さんのクルミ材を手彫りして、
漆で仕上げた使い勝手の良い匙です。

16_kessan_0993.jpg
伊藤玲 手彫り漆仕上げ匙  2,808円 L=16.5cm
幅広の柄がしっかり握れる匙で
カレーやシチューやグラタンなどに良いサイズです。

決算市中は定価の30%引きで 1,965円です

金属の匙が普通になっているので、
木の匙はイメージや雰囲気アップ程度と、
考えている方も多いと思いますが、
まったく違います。

金属の匙に勝てないことはありますが、
負けないこともたくさんあります。
その一つが口あたりです。

16_kessan_0994.jpg
左の3本 伊藤玲 手彫り漆仕上げ匙 2,376円 L=15cm
デザートスプーンのサイズです。

決算市中は定価の30%引きで 1,663円です
右の3本 伊藤玲 手彫り木匙漆仕上げ 2,376円 L=13.5cm
デザートや茶碗蒸しなどに良さそうなサイズです。

決算市中は定価の30%引きで 1,663円です

お好みもあると思いますが、
もし毎日使う箸を金属と木に漆を選択するなら、
どちらにしますか?
きっと木に漆の箸を選択する方が多いと思います。
その理由はなんですか?
感触や手にした感じなどを含めて、
木の箸の方が美味しそうと思われるのではないでしょうか。

16_kessan_0992.jpg
伊藤玲 手彫り木匙漆仕上げ 4,860円 L=12cm
これはオシャレな匙でジャムや蜂蜜などを掬うのに良いサイズです。

決算市中は定価の30%引きで 3,402円です

実は匙も口にする感触、口あたりは同じことが言えます。
一度使ってみると思った以上に使い勝手がよく、
多くの方がはまります。
ザクザクと仕上げた手彫りの刃あとの口あたりを、
心配なさる方もいますが、
角張った割り箸の口あたりが気になる方は少ないように、
ほとんどの方が気にならないようです。

それよりも金属にはない木の柔らかさを、
感じとる方のほうが多いようです。
イオンの金属味もしませんし、
熱い料理を口に運ぶときにも、
匙が熱くなりませんし、
木の匙ならではの心地よさに慣れてしまうと、
はまります。
お得なお買い物が出来る決算市で手に入れて、
是非試してください。

甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:おすすめ商品案内 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3530-3345ad6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad