うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

不思議と料理が盛りやすくて映えます

棚卸し決算市からお薦めのお買い得品をご紹介いたします。
今日のお薦め品は、村木律夫さんの絵文字大皿です。

16_kessan_0749.jpg
村木律夫 絵文字大皿 16,200円 径29.5cmH2.2cm
決算市中は定価の40%引きで 9,720円です

デザイン化された文字や記号が呉須で、
御本の出た柔らかな赤みの差す素地に描かれています。
印象的な絵柄なので絵皿としてはいいけど、
料理を盛るには絵柄が邪魔ではとか、
料理の盛り映えが今一を思いがちですが、
そこは村木さんの作り出した器です。

16_kessan_0750.jpg

料理を盛ってちらほら見える絵柄が、
ちょうど良い感じに料理を映えさせるバランスになります。
またアルファベットの印象が強いこの絵文字ので、
洋皿としてイメージしがちですが、
これまた不思議なくらいに和の食材が盛り映えします。

16_kessan_0751.jpg

絵皿や飾り皿として存在感をもち、
鑑賞できる構図でありながら、
大皿をして使うときに、
御本の素地や呉須に青という和の器の質感が活きて、
料理をゆったり抱えて映えさせる力があります。

ほぼ尺皿のこの大きさの皿が一枚あると、
おもてなしやお祝い事の席や宴を、
華やかで格調あるしつらえになることでしょう。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:おすすめ商品案内 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3531-7f5a69dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad