うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

大きな器ならではの量感

荻窪銀花は現店舗を閉店し移転のために、
閉店セールを開催しています。
今日の荻窪は予報より晴れて暑くなってきました。
お天気屋なのか涼感のあるガラス器をご紹介します。
荒川尚也さんの大作、霙文青コンポートをご覧ください。

close_3_0647.jpg
荒川尚也 霙文青コンポート 54,000円
径33.5cm 高さ18cm

セール価格の40%引きで32,400円です。

皿部分の径が尺一寸と大きさもあるのですが、
荒川さんが若く凄まじい体力だったころの作品で、
ガラスの塊を捻った量感溢れるステムが圧巻です。

close_3_0648.jpg

吹きガラスは溶けたガラスを竿の先に巻き取って、
息を吹き込んで膨らましたり形を整えます。
テコの原理から巻き取ったガラスの重さの、
何倍もの荷重を支えて仕事をします。

close_3_0649.jpg

ほぼ5kgこのコンポートを竿の先に付けての作業は、
どんなにか力仕事だったことか。
それを生み出したパワーがこのコンポートには、
みなぎっています。

close_3_0646.jpg

皿部分の青い霙文(細かな泡が作る文様)は、
土星の輪のような壮大な広がりをみせます。
網目と写した表面のガラスの塊のステムは、
光を集めキラキラと輝いて華やかにします。

このサイズならではの量感は、
荒川さんの作品の中でも一際存在感を見せます。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3573-e5244071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad