うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

薪や炭が描いた炎の文様

荻窪銀花は現店舗を閉店し移転のために、
閉店セールを開催しています。
今日の備前の一輪差しを3点ご覧ください。

close_3_0446.jpg
木戸明彦 備前一輪花入れ 18,900円
径9.5cmH23cm 桐共箱入り
ウドと呼ぶ焚き口に近い房で焼かれ
薪の灰が被りできた自然釉です。

セール価格は50%引きで9,450円です。

登り窯で十日から2週間焼成する備前焼きは、
本来の土が、田土という土の性格もあって、
実は他の焼き締めのヤキモノより低温焼成です。
といっても1200℃近くまで上がりますが、
あまり上げてしますと土が溶け出してしまいます。

close_3_0444.jpg
木戸明彦 備前一輪花入れ 18,900円
径9.5cmH23cm 桐共箱入り
炭桟切りといわれる窯を閉じる時に炭投入し
誘発された景色です。

セール価格は50%引きで9,450円です。

料理でもいろいろ焼き方があるように、
備前の場合は、ほかの焼き締めに比べて、
じっくり長く芯まで焼いて行く方法です。

close_3_0442.jpg
木戸明彦 備前双耳一輪花入れ 18,900円
径9cmH21cm 桐共箱入り
こちらも炭桟切りです。伝統的な形の双耳の花入れです。

セール価格は50%引きで9,450円です。

また釉薬との相性も芳しくなく、
古い焼き物の形の焼き締めが基本です。
そのため薪や炭で焼くことが続けられていて、
炎や炭が描く、窯変の景色を楽しむヤキモノです。

ただ窯詰め前に意図して描くのとは違い、
窯の中の炎の流れや炭による炭化を、
イメージして予期された偶然として、
描きだすのが作り手の技になります。
それでも窯神様のいたずらや気まぐれの好意や意地悪に、
一喜一憂する窯開けになるようです。

              甘庵

pan style="color:#009865;">ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3574-126fb1d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad