うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

遊びやユーモアにもゆとりが

荻窪銀花は現店舗を閉店し移転のために、
閉店セールを開催しています。
今日の不思議な造形の前川俊一さんの、
銀彩キャンドルスタンド(花入れ)をご覧ください。

close_3_0435.jpg
前川俊一 銀彩キャンドルスタンド(花入れ)
定価12,960円 W14.5cmD6.5cmH13cm

セール価格は50%引きで6,480円です。

ロクロで挽いた閉じた円筒を、
横使いにする本体は李朝俵壺にも通じますが、
頭とぽちっとある尾と四つの足が付き、
銀色でも輝きを失いにくいパラジウムの上絵という、
異国情緒もある造形です。

close_3_0436.jpg

「ゆとり」という言葉は今、
ゆとり世代が浮かんでしまうのですが、
あえてこの花入れにゆとりがあると表題にしたのは、
前川さんの全開で仕事ではなく、
技も技量も大きなパワーを持っていて、
軽やかに楽しく仕事した心持ちがします。

close_3_0437.jpg

それゆえの遊び心が見え、
どこから見てもそれぞれの表情がある、
皮肉のない爽やかなユーモアを感じます。

使ってくれる方にも、
ゆったりした受け取りかたで、
花を生け、ロウソクを灯し、
向きを変えて飾り、
楽しんでほしい作品です。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3576-91c95f31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad