うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

実は夏の器 やきしめ

無釉や自然釉で土味が豊かな”やきしめ”は、
土味の色合いから秋や冬が似合う器と、
思われる方も多いでしょう。

16_open_0887.jpg
鶴見宗次 手ひねり焼きしめ片口鉢 5,400円
W16cmD16cmH8cm


たしかに、温かみのある質感をいかした盛りつけで、
秋や冬に使うのも正解ですが、
素地をしっかり湿らせて、
路地に水を打ったり、清流の石のイメージで、
涼感を活かした夏の器の代表なんです。

16_open_0888.jpg

ご紹介している鶴見宗次さんの、
手ひねり焼きしめ片口鉢も、
いつ使うの?今でしょう!
という器なんです。

16_open_0889.jpg

湿らすと冷ややかな土味になり、
冷たい料理に涼感を増して、
いっそう美味しそうに盛りつけできます。

また、鶴見さんの片口に切れは抜群なので、
酒や汁と注ぐのにも使える楽しみがあります。

ロクロを使わず作り出した、
彫刻的な姿は美しく豊かな表情に溢れています。
冷却還元で焼かれた黒いやきしめの土味は、
料理を選ばす盛り映えして、
実に使える、お薦めの片口鉢です。

           甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3618-edc84c50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad