うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

品格をもった優しい絵付け

今日ご紹介するのは藤田佳三さんの安南手輪花鉢です。
八寸弱の径で両手で支え持つたっぷりした大きさです。
懐石の鉢をして使える品格を持った堂々とした作品です。

16_open_0953.jpg

縁は削りだして輪花に整えて、
鉄巻きの下絵が施されています。
内外全面に施された呉須下絵の付けは、
藤田さんならではの細やかで優しい絵付けです。

16_open_0950.jpg
藤田佳三 安南手輪花鉢 30,240円
径23cmH7.5cm


造形も含めこの優しい作りが、
品格ある器でありながらも、
身近で使いやすくしています。
どうじに料理を選ばず盛り映えする力は、
お気に入りの器を多彩に使う楽しみを、
教えてくれる器です。

16_open_0951.jpg

藤田さんの器にファンが多いのは、
茶事や懐石で使える品格ある仕事でありながら、
暮らしの中で使える仕事であること、
楽しみを教えてくれることが、
大きな要素になっています。

16_open_0952.jpg

器は作り手の分身です。
作り手藤田さんの人柄、心根が、
優しい物作りに由来しているのは、
間違いありません。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3619-4bc68536
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad