うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

程よいサイズと盛り映えの使える小鉢です

ご紹介するのは光藤佐さんの黒釉鉢4.5寸です。
光藤さんの黒釉の器は定番の八角鉢シリーズをはじめとして、
ともかく何をもっても美味しそうと評判の高い釉薬です。

16_open_0884.jpg

この小鉢も13cmの径と4.5cmの深さのバランスが絶妙で、
ちょこっと盛るのにともかく便利な器です。
料理もデザートを盛るにも、取り鉢としてもと、
毎日の食卓で必ず重宝するお薦めの小鉢です。

16_open_0885.jpg

しかも一品作品としての品格があります。
それは原土で調整した胎土にあります。
土見せ部分で土に含まれている鉄分や石がみられます。
これらが焼き切ることで黒釉と反応します。
それが見込みをに見える禾目や鉄の結晶の、
窯変をみせています。

16_open_0886.jpg

銀花の器をよく使ったくださる荻窪の坂ぐちさんで、
一回り大きな5寸皿ですが美味しそうな記録があるので、
参考にご覧ください。

sakaguti_mitu_koku.jpg


                  甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3622-37da04b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad