うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

手に包み蓋を開けたくなるフタモノ

甘庵はフタモノが好きです。
自分にとって好ましい器は手にしたくなります。
フタモノならさらに蓋を開けて見たくなります。
何をいれようかと使い方を考えるのも楽しみになります。

16_open_1180.jpg
野波 実 白磁兎フタモノ 6,480円
径9.6cmH10.7cm


今日のお薦めは野波実さんの白磁兎フタモノです。
蹴轆轤で引き出されたふっくらとしたフォルムは、
白磁で有りながら柔らかさと暖かさを感じます。

16_open_1181.jpg

蓋に付くツマミの白兎も柔らかな毛並みを感じます。
見ているだけでも心優しくなる穏やかな作品です。
美しく優しい姿が置物として、
身近に置いておきたくなる可愛いフタモノです。

16_open_1182.jpg

それでもしっかり焼けている磁器なので、
気遣いなく普段使いできる安心感があります。
お気に入りのご飯の友を仕込んで冷蔵庫に入れておき、
炊きたての新米を味わう時に、
これさえあればと思わせてくれそうです。

16_open_0025.jpg

さて、もしも貴方が手に入れたら何を仕込んで、
どう使うのでしょう。
考えるだけでも楽しい器です。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3656-2d46f502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad