うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

盛り映えも切れも良い片口

今日のお薦めは角掛政志さんの灰釉片口鉢です。
黒釉のように黒い釉調に見えますが、
これは灰釉と素地の土と化粧土の反応を、
コントロールされた焼成で導き出している、
意図した窯変です。

16_open_0039.jpg
角掛政志 灰釉片口大 6,480円
径19.5cmH10cm


角掛さんのモダンでいて浮つかない、
凛とした造形美は機能的にも発揮していて、
片口鉢ですが片口の基本である、
注ぎやすさを切れは抜群で、
するするっと注げて、スパッと切れます。

16_open_0040.jpg

しっかり焼くことで素地と灰釉が解け合った、
ナチュラルな発色の茶黒は自然は発色のため、
様々な料理が美味しそうに映えます。

16_open_0041.jpg

これから秋野菜が美味しくなります。
カボチャ、さといも、カブ、サツマイモ、にんじん、キノコ類。
秋を感じると煮物が食べたくなります。
どんと盛りつけるのにぴったりな鉢です。

16_open_0042.jpg

和の器と決めつけずに、
ボールとして使いたい鉢です。
具だくさんのサラダの盛りつけも似合います。

大酒飲みならどんと酒を注いで、
ワイワイ飲む時には盛り上がります。
アイスペールにすると、
溶けた冷水も上手い具合に注げます。
使い方を工夫するのも楽しくなる、
たっぷり目の片口鉢です。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3661-5c9940ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad