うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

秋を感じる宣伝

俗人の甘庵は周りに自然が少ないこともあり、
草花の移り変わる風情より、
コンビニのおでんののぼりや、
TVコマーシャルのシチューから、
秋の訪れを感じでしまいます。
いや、食いしん坊なだけかもしれませんね。

その湯気が立つシチューで映像を見ていて、
より温かみを感じとるには、
匙は木がいいのに・・・と、
うつわ屋のオヤジ的視線でみていました。

16_autumn_0274.jpg
伊藤玲 手彫木の匙 3,240円 クルミ材漆仕上げ
L18cmD4cmH2cm


そう今日は木の匙をご紹介します。
伊藤玲さんの手彫り漆仕上げの匙です。
湾曲しているのと平たい柄が特徴の匙です。

16_autumn_0275.jpg

右手用ですが、このカーブが掬いやすくて、
平たい柄が手に馴染んでとても使い勝手が良い匙です。
そしてなにより木の匙の特徴は口あたりです。

16_autumn_0276.jpg

ざくざくとした仕上げに見えますが、
口にあたる柔らかさは、
割り箸と金属の匙を思い描いていただければ、
どちらが口あたりと感触が好ましいか、
想像していただけると思います。

仕上げは数回の摺り漆です。
手間を掛けて回数を重ね黒漆や朱漆まで仕上げると、
摩耗に強くなり丈夫になりますが、
手間分の価格になってしまします。
匙として数年以上は使えることと、
使いやすい価格でこの仕上げに収めています。

手仕事の味わいがある伊藤さんの木の匙は、
シチューやスープのより暖かく味わい、
美味しくするアイテムになります。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3670-42c5cd83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad