うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

渋いけど晴れやかな和皿

今日ご紹介するのは誰でも品のある盛りつけが出来る、
光藤佐さんの黒釉七寸兜鉢です。

16_open_1269.jpg
光藤佐 黒釉7寸兜皿 8,424円
径21cmH4.3cm


兜を逆さにした頭をおおう部分と、
ツバとひさしに当たる部分に似ていることから、
兜鉢と名付けられた兜鉢の皿版です。

16_open_1271.jpg

兜鉢や兜皿が長く愛されてきたのは、
盛りつけ配置が自然に出来るからです。

16_open_1270.jpg

また自らが料理上手な光藤さんの、
見込みとツバのバランスが抜群で、
見込み部分に高めに盛りつけるだけで、
プロのような盛りつけに納まります。

16_open_1272.jpg

その上、料理映りが良さが評判の黒釉ですから、
和食に限らず何をもっても美味しそうになり、
盛りつけが品があってバランスも良いのですから、
料理好きには鬼に金棒のアイテムですが、
むしろ、これから料理を頑張る方に使って欲しい皿です。

これを普段から使って意識して盛りつけをすることで、
器と料理の基本のバランスを身につけることができます。
渋い器ですが盛りつけると華やかで気品が生まれる、
お薦めする七寸皿です。

                   甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3691-632d3ba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad