うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

綺麗で働き者のグラス

広い範囲で秋らしい天気の週末になりそうですが、
それでも雪マークが付く日本は長い国と感じます。
その雪マークの北海道から届いている、
巳亦敬一さんの働き者のグラスをご紹介します。

16_mimata_0193_2016110509593141c.jpg
巳亦敬一 新スキ冷茶器 大 2,808円
径9cmH8cm


電球色の光を受けると黄金色に輝く、
新スキシリーズの冷茶器大というグラスです。
暑い季節には冷たい飲み物をたっぷり飲める嬉しいグラスです。
でもこのたっぷり加減が器としても使えるサイズです。

16_mimata_0194_201611050959325ea.jpg

料理もデザートも美味しく盛りつけできて、
置いたままでも手にもって口に運んでも使え、
黄金色の輝きは温かみもあるので、
四季を通して使いやすいガラス器になります。

16_mimata_0195_201611050959334aa.jpg

冬でも暖かい部屋でアイスを食べたり、
サラダが食卓に上るような食習慣になって、
ガラス器は年中使いたい器になりました。
その意味でも使い勝手の良いガラス器です。

16_mimata_0196_201611050959349da.jpg

蕎麦猪口が多様に多才に使い回すことができるように、
このグラスも使い方の工夫が楽しみになる、
働き者のグラスになります。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3694-ca0a6c91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad