うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

幻想的な釉調のボウル

今日ご紹介するのは結晶釉という、
釉薬が窯の中で結晶化した窯変を楽しめる、
稲垣明子さんの結晶釉ボウルです。

16_inagaki_0504.jpg
稲垣明子 結晶釉ボール 14,040円
径21.5cmH7cm


チタンが格となって結晶化したモダンな窯変で、
金属の絵の具を巻き込むと流れて混ざり舞う、
動きのある見所を生み出しています。

16_inagaki_0506.jpg

和のドラ鉢のフォルムもあって、
洋でも和でも中華でもエスニックでもと、
食材や料理を選ばず幅広く使えて盛り映えする、
扱いやすい鉢の形です。

16_inagaki_0511.jpg

素地は磁器ですので扱いは気軽で、
陶器やせっ器のような侘びていく変化はしません。
漂白剤も気兼ねなく使えますので、
洋食器や磁器に慣れている方でも、
手仕事の器を楽しんでいただけます。

16_inagaki_0508.jpg

結晶釉はマットで不透明感がある釉調で、
彩りがパステル調でふわ〜っとした、
柔らかで優しく、くるまれた表情の、
幻想的で独特の雰囲気をもっています。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3703-20ebb9b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad