うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ちょうど良い丼鉢

今日のお薦めは普段使いのちょうど良い、
久保田信一さんの長石釉縞柄丼鉢です。

16_open_0399.jpg
久保田信一 長石釉縞柄丼鉢 4,860円
径17cmH8.5cm


何がちょうど良いかというと、まずサイズ。
麺好きにはたっぷり食べれて手に持てて、
ちょっとモダンで安定する形から、
麺鉢にも盛りつける鉢にもボールにもと、
ちょうど良いサイズなんです。

16_open_0400.jpg

そして派手ではないけど個性ある鉄縞柄と、
見込みの鉄発色の黒、ブルーグレーのモノトーンが、
料理を映えさせて、使うほど愛着が湧いてきて、
ちょうど良いデザインです。

16_open_0401.jpg

この大きさでも丼として持つとき重要な軽さを、
素地の陶器の軽さと無駄のないロクロ挽きで適え、
日常使いに大切な丈夫さを、
たっぷり目の長石釉としっかり焼いていることで、
ちょうど良い普段使いの丼鉢に仕上げています。

16_open_0402.jpg

手仕事の良さを活かして一点作りの品のあるフォルムや、
しっかり焼いた証の見込みの窯変など、
やり過ぎ感なくちょうど良い感じで、
たった一つだけの丼鉢です。

ちょうど良い感じがお薦めの丼鉢です。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3707-e6503629
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad