うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

気位と使い勝手を両立した小鉢

今日ご紹介する藤田佳三さんの染付四寸五分鉢浅は、
小振りなサイズながらなかなかの面構えの、
平向付をコンパクトにしたようはフォルムです。

16_fujita_0622.jpg
染付四寸五分鉢 浅 4,320円
径13.5cmH3cm


緩やかな丸底の見込みから自然に立ち上がり、
折り返される縁をもつフォルムは、
料理が自然に見込みにベストバランスで納まります。
プロの料理人のように中高に盛りつければ、
懐石料理の一品のような佇まいに仕上がります。

16_fujita_0623.jpg

そしてこのサイズ。
ご馳走を程よい量で仕立てられ、
一品増やすにも都合良く盛りつけられます。

16_fujita_0624.jpg

また料理以外のデザートも似合う器です。
特にスプーンを使う素材の時に、
掬いやすい見込みと口端のデザインです。
その時に器への配慮を持っていただけるなら、
金属より木や竹などの素材の匙を使っていただけると、
器と匙のこすれる音も減り、
器にも優しい思いやりになります。

16_fujita_0625.jpg

藤田さんの器はどれも品格を感じるますが、
この小さな器も凛とした気位が見えます。
それでいて安南仕立てでしっかり焼かれていて、
丈夫で扱いやすく、重なりの良いデザインなど、
これも華のある日常の器として、
高い頻度をこなす力をもっている小鉢です。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3720-a1dda452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad