うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

どこかレトロで華もあるワイングラス

冬じたくの器から今日ご紹介するのは、
西川孝次さんの赤面取ワイングラスです。

16_open_0876.jpg
西川孝次 赤面取ワイングラス 4,860円
径7cmH12cm


西川さんお得意の型を使い10角の面を持つカップと、
深い赤のステムとスキのベースの構成が、
どこか懐かしく思わせるレトロ感が漂います。

それでいて酒器としてに必要な、
明るさと華のあるデザインなのも、
西川さんのグラスの魅力です。

16_open_0875.jpg

スキガラスのカップ部分をよく見ると、
気泡が含まれています。
これはガラスパウダーを溶かして作ることで、
巻き込まれた空気のアワです。
手で作られた温かみのある表情になっています。

画像は午前中の太陽光で撮影したために、
色のない澄んだ素地に映っています。
今電球色のLEDランプの元で見ていると、
素地は少し黄色がかり面取り部分が煌めいています。

16_open_0877.jpg

ガラスの楽しみは置かれている面の素材や色、
受けている光などのシチュエーションで、
様々な表情を見せてくれるところです。

テーブルのまま、敷物を使う、ライティングなど、
普段とちょっと変えることで、
華やかな場で煌めくような演出が出来るのも、
ガラス器の持つ得意技の一つです。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3725-73089e08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad