うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

絵付けも姿も緩さがいいマグ

”冬じたくの器展”から今日ご紹介するのは、
印象的なプレゼントにぴったりな、
大山智子さんの手ひねり色絵マグです。

16_winter_0860.jpg
大山智子 白磁色絵手ひねりカップ 6,480円
径7.5cmH7cm 容積程よく入れて200cc


まず不思議な姿が印象的です。
綺麗な色絵が施されていて何かな〜?と見て、
ああ〜ナスだとなる。
そうなんです。形も絵付けも量産品では決してない、
それでいてヘタウマ的な造形でも絵付けではありません。

16_winter_0859.jpg

存在感のある姿と、
意外なことに慣れると持ちやすいハンドル、
飽きのこない美しい色合いのナス文。
そこはしっかりとしたマグに仕上がっています。

湯呑みのように持ってもハンドルが邪魔にならないので、
ハンドルはアクセサリーて湯呑みとして使う、
個性的な使い方もありかもしれません。

16_winter_0858.jpg

綺麗な白色の素地と色絵の対比を活かして、
野菜スティックの差すような使い方で、
印象的な器として見せる使い方もありかもしれません。

マグカップは普段使いの器なのですが、
このマグカップにはそれだけではない、
使い方を楽しみたくなる緩い印象なのに、
不思議な存在感があるマグカップです。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3726-bf437a51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad