うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

丸みと納まりはヤミツキになるポット

今日ご紹介するのは加藤財さんの、
美しい丸みときちっとした納まりが、
お茶を一味美味しくしてくれるポットです。

16_kato_0796.jpg
加藤財 ポット丸 11,880円
容積400cc


加藤さんは急須とポットを専門に作っています。
作り手としての技もさることながら、
ご本人のストイックなモノ作りの姿勢が、
繊細でいて優美な急須とポットを生み出していると思います。

16_kato_0797.jpg

急須とポット専門になられたのは、
お茶が好きという点が大きな要素だったことも、
使って見ると実感していただけることが多いと思います。
まず分かりやすいのが切れと注ぎ心地の良さです。

16_kato_0798.jpg

目で見て心地良いのは、
ぴちっとした蓋の閉まりの良さや、
ス(茶を漉す部分)の穿った穴の整っていることなど、
真摯なモノ作りが手に取るように分かります。

16_kato_0799.jpg

そして時間と共に感じ取れるのが、
美味しくお茶が入ることです。
姿や納まりや使い勝手もあるのでしょう。
なぜか丁寧にお茶を入れるようになるのもあるでしょう。
兎にも角にも一度使うと、
注ぎも使いたくなるポットです。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3735-5202b537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad