うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

季節を9cmに切り取った小皿

初春のうつわ展からご紹介するのは、
中條正康さんの絵替小皿です。
三寸ほどの小皿の中に四季折り折の風情や景色が、
デザインされたシリーズです。

16_open_0928_20170109110029245.jpg
中條正康 絵替小皿 2,160円
径9.5cmH1.5cm


今回は寒中から早春までの、
趣が楽しめるものをご紹介します。

16_open_0924.jpg
左:金彩杉  右:松に月

霧か霞がたなびく雪景色の杉林と、
海辺の松ごしに月を望む景色は、
冷たい空気感や広がりを感じ取れます。

16_open_0923.jpg
左:梅  右:春の山菜

古木の樹に咲き出した梅の花や、
春の野に芽吹いた野草からは、
春の香りが流れてくるようです。

この皿のシリーズは絵替わりで、
絵柄を変えてしつらえる楽しみは、
揃いの絵柄よりはくだけているものの、
親しみや心和む暖かみがあります。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3749-98b207c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad