うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

普段使いから晴れの場までいける五寸皿

今日ご紹介するのは久保田信一さんの五寸皿です。
重なりのよりデザインと陶器の軽やかさを活かしつつ丈夫で、
鉄の自然な発色の彩りは品があって料理が盛り映えします。

16_open_1104_2017011510582439d.jpg

五寸(15cm)という一番身近で使いやすいサイズで、
毎日のように食卓に出番が多くなりながらも、
普遍的な和皿の見込みあるデザインは、
晴れの場で使える品性をもっています。

16_open_1101_20170115105820459.jpg
久保田信一 灰釉二彩(白土)小皿 2,592円
径15.5cmH3.5cm


久保田さんの器の彩りや絵付け(具象ではないデザイン文)に、
上手に鉄使って黒、濃茶、赤茶、緑、ブルーグレーなど、
様々な彩りを発色させています。

16_open_1102_20170115105821b54.jpg

この皿は明るい素地の色の上に、
鉄下絵と灰釉が解け合い流れるのを、
上手くコントロールして口縁の茶から、
濃い緑、淡い緑、ベージュと濃淡を活かして、
上品にまとめ上げています。

16_open_1103_20170115105826530.jpg


釉薬が流れるのもしっかりと焼ききっているからで、
結果として丈夫で使いやすい器に仕上がっています。
それでも陶器なので使い込むことで、
少しずつ侘びて落ち着いた表情をみせてくれ、
懐石の器にも使いたくなる趣に仕上がります。
お薦めする五寸皿です。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3753-9fd9fe69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad