うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

立体感のある文様

先日までまた寒波が来てと言っていたのに、
この数日は暖かくなっていたけど、
今日はさらに暖かくなってきています。
でもこれに慣れしまうとまた寒くなったときに辛いんですよね。
むしろ体調管理に気をつけるようにしましょう。

17_mimata_1036.jpg
巳亦敬一 楕円小鉢(色模様)3,240円
W10.5cm9.5cmH5cm


さて、今日ご紹介するのは巳亦敬一さんの楕円小鉢です。
巳亦さんならではの優しい楕円形のスキ素地に、
青と茶の縞文のトンボ玉が埋め込まれています。

17_mimata_1037.jpg

トンボ玉を埋め込む時の多くが棒状に作れたトンボ玉のネタを、
輪切り状態にして埋め込みますが、
これは横にして埋め込んでいます。

17_mimata_1039.jpg

それも少し斜めの状態になので、
トンボ玉の立体感がそのままです。
甘庵が初めてこのタイプの埋め込みを見たときに、
化石が思い浮かびました。

17_mimata_1038.jpg

手にしても凹凸があって立体感を感じられ、
透きガラスに傾いて埋め込まれたトンボ玉の文様には、
奥行きが見える面白みがあります。
まさに立体感のある文様です。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3767-aa44a3ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad