うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

春めいた日差しに萌えだしたガラス瓶

今日は西川孝次さんの青アワ赤蓋楕円酒瓶をご紹介します。
窓際にある瓶に差し込こんだ春めいてきた日が、
素地に入った細かな泡のなかで膨らみ、
柔らかく煌めいて萌えだしています。

16_open_1151.jpg
西川孝次 青アワ赤蓋楕円酒瓶 15,120円
W10.5cmD7.8cmH15.5cm


楕円で安定感のある姿は赤い帽子を被ったように見え、
本体口元にもリンクした細く繊細な赤巻きが施されていて、
マフラーか襟元か、オシャレな首元の差し色のようです。
まるで装った人のような佇まいをみせています。

16_open_1152.jpg

モール入りの楕円の本体は細かなアワの入った青い素地ですが、
よく見ると濃淡があり緑も入っていて、
深い湖や海が思い浮かぶ彩りです。

16_open_1153.jpg

瓶や徳利を使うことが面倒と思われる方が多いと思います。
その面倒は裏をかえせばゆとりであり、
友を迎えて盃を交わすとき、
記念の宴を催すとき、
迎える側の心のゆとりが特別になる、
そのために自然に力を貸してくれる、
アイテムになると思います。

16_open_1154.jpg

安酒で友を迎える甘庵も、
せめて心遣いや心のゆとりで、
もてなすように心がけよう。

              甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3768-46da9c44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad