うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

手のひらに乗るおひなさま

寒波のニュースや大雪の映像が映っていても、
日ごと日差しに暖かみが増して来ています。
春生まれの甘庵はこの季節に自然と気持ちが高まります。
男子だけの家だったこともあり、
おひな様への軽いあこがれがありました。
ひな祭りの霰や白酒や菱餅へのあこがれだったかもしれませんが・・・。

17_hina_1047.jpg
道楽かん工房張り子
椿ひな 緑 1,944円 H4cm


でも、今でもそんな気持ちがあるのでしょう。
荻窪銀花でも小さなおひな様と並べています。
大仰なものではなく、気軽で可愛く、
でも品があるものを選んでいます。

17_hina_1048.jpg
道楽かん工房張り子
椿ひな 白 1,944円 H4cm


ご紹介しているのは道楽かん工房 真鍋芳生さんの椿ひなです。
備中和紙を何枚も重ね、胡分と和絵の具で彩色した手仕事です。
一つずつ描かれた雅で品のある表情と和の彩りを持っています。

17_hina_1046.jpg

何より特徴的なのが、男雛女雛が一体になった形と、
手のひらに乗る気軽なサイズです。
身近なところに飾るだけで、
一足早く春がやってきます。
 
              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3778-a202c74e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad