うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ほのぼのするおひな様

今日は道楽かん工房真鍋芳生さんの張り子の桃花ひなをご紹介します。

17_hina_1044.jpg
道楽かん工房張り子
桃花ひな 6,480円 H11.5cm


真鍋さんの張り子は型に備中和紙を何枚も張り重ね、
乾かして二つに割り型からはずし、
テープ状の和紙で一つに繋ぎ、
胡分(貝から作る白い絵の具)で下地を作り、
和絵の具で彩色した和の彩りが和むおひな様です。

17_ohina_1045.jpg

張り子らしいファジーなフォルムでいて、
雅でクラシカルな姿は春の日差しが似合い、
気持ちがほのぼのとしてきます。

17_mehina_1045.jpg

荻窪界隈では桃は桜の後に咲き出します。
ちょうど旧暦の節句になります。
その頃まで飾って置きたくなる、
そんな風情のおひな様です。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3783-811a2657
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad