うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

碗型の多目的な器

今日は久保田信一さんの灰釉二彩碗をご紹介します。
鉄分が多めの素地と鉄彩が灰釉と解け合い、
見込みに流れていく濃い緑の釉調をみせています。

16_open_0051.jpg
久保田信一 灰釉二彩(赤土)碗 2,700円
径13cmH5.5cm


しっかりと焼くことで見える、
日常食器でありながらの窯変です。
良く焼かれていると言うことは、
平たくいえば丈夫な器になります。

16_open_0054.jpg

また素地も締まっているので、
汚れや匂いもつきにくく、
洗うことや管理が楽になります。

16_open_0053.jpg

そして土や釉薬に見合った温度まで、
焼かれることで生まれる表情は自然な素材感となり、
自然素材である食材とのマッチングがよく、
美味しそうで盛り映えがする器に仕上がります。

16_open_0052.jpg

この碗はソバチョコのように多目的な使い方に向きます。
大きめの高台は安定感もありながら手に持ちやすく、
取り鉢や小鉢としても碗としても、
使い勝手が良く多面的な使い方が望めます。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3786-210bfe05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad