うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

ゆったりサイズの飯碗

自分の器展から今日ご紹介するのは、
久保田信一さんの見込みが深く、
たっぷりサイズの灰釉飯碗です。

17_mycup_1300.jpg
久保田信一 灰釉碗 2,808円
左:径13.5cmH6.7cm
右:径13cmH6.7cm


コロンとした碗型で見込みが深いので、
手に馴染み持ちやすいく、たっぷり入り、
程よく入れて300ccほどです。
男性の茶碗向きですが、
女性なら小丼によいサイズです。

17_mycup_1302.jpg

灰を基本にして調整した釉薬を還元焼成して、
灰の中に含まれる鉄分を綺麗な緑に発色させています。
窯の置き所でちょっとして炎の雰囲気や温度の違いで、
素地の鉄と解け合い方や釉調が変わるところは、
久保田さんの灯油の窯の窯変になっています。

17_mycup_1303.jpg

灰や土からの鉄分が基本の自然な発色の緑なので、
ご飯はもちろん、食材を美味しそうに映えさせてくれます。
となれば、手に持って食べる鉢にもと思えてきます。

17_mycup_1304.jpg

久保田さんの器は普段使いが基本コンセプトなので、
フォルムは美しく有りながらも使い勝手を殺さないデザインです。
この飯碗も大きめの高台で安定感があります。
鉢としても十分に使えて、
取り鉢やちょっと盛りにも使えます。

特別な華やかさを持っているわけではないのですが、
手元でよく使い出番が多くなるほど、
味わいが増して愛着の涌いてくる器に仕上がっています。

                 甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3809-9e72c114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad