うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

オシャレなデザインと伝統手法のマグ

自分の器展から今日ご紹介するのは、
佐藤大寿さんの灰釉ロングマグです。

17_mycup_1240.jpg

佐藤さんは焼き物の里である会津本郷で生まれ育ち、
会津本郷の伝統的な手法を見つめながらも、
今の器をして生き生きする器を作くられています。

17_mycup_1239.jpg

ご紹介するマグなどはその良い例になります。
伝統的な土と釉薬が生み出す表情は、
明治大正昭和の民芸作品によく見たものです。

17_mycup_1241.jpg
佐藤大寿 灰釉ロングカップ 2,700円
径10cmH9.5cm


そこに大寿さんらしさのデザインを加えていて、
現代の利便性や使い勝手の良さを持った器になっています。
しっかりしたハンドルは手に馴染み、
特著的な口端は口当たりが良く、
飲みやすいデザインになっています。

17_mycup_1242.jpg

会津本郷の鉄分を程よく含んだ土と、
自然灰で調合して釉薬が、
しっかり焼かれて解け合い反応しあった表情には、
禾目(釉が縦に流れる表情)や白濁や青みがかった溜まりが、
一つずつ個性を見せて、
飽きのこない味わいになっています。

               甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3810-6d72726f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad