うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

春を想わす器 3

昨日は暖かさが少し戻り桜がほぼ満開になってきました。
今週は暖かさ続くようなので一気に爛漫の花模様になることでしょう。

17_fujita_1169.jpg
赤紅安南双急須 14,040円
径13cmH7.5cm 程よく入れて500cc


さて、今日のご紹介するのは、
藤田佳三さんの紅安南急須(ポット)です。
青、赤、緑と細かく点で描いている小花模様が、
軽やかな春の風を感じます。

17_fujita_1170.jpg

安南は中国からベトナムの古い表記です。
桃山時代からエキゾチックな表情に焦がれ、
侘びの趣もあって長く愛され続けて、
手法としても作り手に綿々と引き継がれています。

17_fujita_1168_201704031048086ee.jpg

藤田さんが絵付けが達者なのは周知のことですが、
生み出す形はどこか牧歌的ながらモダンで、
紅安南の文様をより活かしています。

17_fujita_1171.jpg

切れもよく、たっぷり入るので、
熱々を美味しくいただく、
食後の番茶やほうじ茶などが似合いそうです。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3815-89502b3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad