うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

春を想わす器 6

今日ご紹介するのは単品盛りにぴったりの、
口が付くことで左右非対称の形が楽しい、
小野寺友子さんの白磁片口鉢です。

16_open_0935_20170408102342093.jpg
小野寺友子 白磁片口鉢 4,968円
W18cmD14.5cmH6.8cm


片口は本来は注ぐための器ですが、
アシンメトリーを好む和の美意識と、
見立てる楽しみを趣にして、
器として普通に使われています。

16_open_0936_20170408102344df7.jpg

小野寺さんのこの片口鉢も、
美しく美味しそうな盛りつけを主体にデザインされていて、
片口として注げますが形の割には、
容積が少なく仕上げられています。

16_open_0937_201704081023453ae.jpg

素地の白磁も量産品の無機質な白ではなく、
少し青みや灰色がかった表情をもち、
料理を自然にかかえて映えさせ、
爽やかに春の食卓を飾ります。

底面はゆったりして見込みは深く、
盛りつけの納まりが良く、
丈夫な磁器の素地は気軽に使えて、
メンテナンスも楽です。

普段使いから花のある使い方まで、
使い勝手の良さと品格を同時に備えた、
お薦めの逸品です。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3819-3200a183
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad