うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

春を想わす器 13

風がつよかったり一日の内に寒暖差があったりと、
ちょっと気まぐれな春の天気ですが、
皆さん体調を崩さないようになさってくださいね。

17_nishikawa_1402.jpg
西川孝次 色流しアワ入り鉢 15,120円
径20cmH10cm


さて今日は見る角度でずいぶんと表情の変わる、
西川孝次さんの色流しアワ入り鉢です。
丸く作った後に縁を四角く形を整えていて、
見る角度によって表情が変化します。

17_nishikawa_1403.jpg

高台から腰までは丸い鉢ですが、
縁端は柔らかな四角になっていて、
見込み中心から四辺に中央に、
緑、茶の色ガラス混ざりながら施された四本の線文が、
アワ入りの白い爽やかな素地に映えます。

17_nishikawa_1404.jpg

この4本の線文も彩りが異なり、
四辺の縁も緩やかに起伏もあって、
面によって表情を変えて見せます。

17_nishikawa_1406.jpg

高台のある姿は存在感があって、
ゴージャスな趣があり、
飾り鉢として楽しみたくなるほどですが、
やはり料理と盛る付ける方が、
より器をして生き生きします。

それでも姿を楽しむなら、
果物など盛りつけてコンポートとして、
水盤として花を生けても楽しめる、
完成度の高い作品と言える鉢です。

          甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3826-a69f6f15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad