うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

春を想わす器 14

荻窪銀花の窓から見える銀杏並木は、
初冬に剪定されてすっきりした枝振りになっていました。
芽吹き出した頃には隙間だらけの感じがしていましたが、
ここに来て急に鴨脚の葉の形がみえて来ると、
しっかりした枝振りの灰茶に新緑の葉のバランスが絶妙で、
整えられた剪定の技を感じました。

17_kubota_1444.jpg
久保田信一 灰釉鉄絵 盛り浅鉢 10,800円
径26.3cmH5.3cm


この茶と緑の組み合わせから感じた春に重なる、
久保田信一さんの灰釉二彩盛り浅鉢をご紹介します。

17_kubota_1447.jpg

灰釉と鉄彩が生み出す茶から緑、白までの、
溶けて混ざり合う流れやグラデーションが、
新緑の樹木が美しい春の風景に重なります。

17_kubota_1446.jpg

盛り浅鉢としましたが見込みがそこそこ平らでいて、
程よい深みがあり鉢と皿のいいとこ取りです。
自然に幅広い盛りつけを楽しめます。
かさばる大鉢と大皿をこれ一つでかなりの範囲を対応できます。

17_kubota_1448.jpg

そして二彩シリーズの緑と茶が生み出す彩りは、
土を釉薬と鉄の自然な発色で料理映えが良く、
不思議なくらいの多様な料理を受け止めて、
より美味しそうに盛り映えします。

また、径が26cmあるのですが、
陶器の良さを活かして手持ちが軽く、
この表情が生むためしっかりと焼かれているので、
丈夫で汚れにくい、日常使いしやすい仕上がりです。

仕舞いがちのなる大皿大鉢ですが、
この盛り浅鉢は使い勝手の良さから、
食卓への出番が多くなる便利な器になります。

             甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3828-11a419c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad