うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

名前は冷茶器ですが色々使えます

巳亦敬一さんのガラス展から今日ご紹介するのは、
コロンとした可愛い姿の冷茶器小です。

17_mimata_0023.jpg
ブ新スキ冷茶器小 2,700円
径9.8cm5.5Hcm 程よく入れて120cc


口元まで着せが厚みにモールが入り、
黄金色の煌めきが美しく、
一杯の冷たいお茶や麦茶のもてなしで、
ノドだけでなく心も潤います。

17_mimata_0024.jpg

小振りですが整ったフォルムなので、
デザートや料理を盛りつける、
ミニボールとして小鉢として、
使いたくなるガラス器です。

17_mimata_0025.jpg

外側のモールの凹凸に比べて、
内側(見込み)は滑らかになっていて、
洗い勝手の良さという日常使いて、
タンニンなどが溜まりにくい嬉しいディテールです。

17_mimata_0026.jpg

それはまた同時にスプーンなどで掬うときに、
櫂先がスムーズに動き、
アイスやゼリーなどのデザートなどが、
最後まで掬いやすい優しい納まりです。

重なりの良い納まりでもあり、
3つ4つと棚間のサイズに合わせて、
安定して重ねて収納出来る点も、
日常ガラス器としての得点が高い、
優れた納まりと言えます。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3848-90f55c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad