うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

奥ゆかしい紫の透け感が涼しげ

巳亦敬一さんのガラス展から今日ご紹介するのは、
皿部分に施された紫のメッシュ文が涼しげな、
デザート皿 紫/黒台です。

17_mimata_0208.jpg
デザート皿 紫/台黒 4,320円
径14cmH6cm


淡い紫の透け感を台の黒が、
全体の印象をキリリと締めて、
凛とした品のある器にしています。

17_mimata_0180.jpg

紫のメッシュ文は着物の絽や紗を連想しました。
着られる方はきっとそう涼しくないと思いながらも、
見ている側からは涼感をいただいています。

17_mimata_0209.jpg

季節感のある装いには、
心意気を含めて美学が必要なのでしょう。
器にも共通する点だと思います。

17_mimata_0210.jpg

使い勝手だけでは台のある器は、
安定性、洗うとき、収納などを理屈に、
避ける方も多いかもしれませんが、
心意気と少しの覚悟で、
食卓が心豊かになる器です。

17_mimata_0211.jpg

小さなコンポートとして、
積極的にお使いいただければ、
出番も多く活躍してくれるはずです。
華やかでいて、品と格のある器です。

            甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3853-46e154fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad